知識不足での売却はリスクが高い!所有しているマンションを売却する時の2つの注意点

所有しているマンションを売却して新しい不増産を購入する事がありますが、実際にマンションを売却する経験はほとんどの人が少ないので知識が分からない事もあるのでしょう。そこで実際にマンションを売却する時のどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・売却時期は2~3月にする

日本では4月に新生活がスタートするので不動産市場は2~3月が一番活発になります。2~3月の時期になると新生活に合わせて不動産の売買や賃貸の需要が高まるので所有しているマンションを高額で売却する事も可能です。4月になると価格が100万円単位で低くなる可能性もあるのでマンションの売却時期は2~3月にしましょう。

・リフォームではなく修繕をして売却をする
家を高く売りたい

所有しているマンションを高額で売却するためにリフォームをする人がいますが、費用がかかってしまうので実際にマンションを売却しても赤字になってしまう可能性があります。しかし劣化した状態にしておくと買い手がなかなか見つからなくなってしまうので修繕をして売却をするようにしましょう。

所有しているマンションを売却する時はこのような点に注意する必要があるので基礎知識としてしっかり頭に入れておくようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です